前へ
次へ

日本の小児医療の現在と課題

子供は国の宝と言われます。
これからの未来を背負って立つ子供たちは、あらゆる面から守られねばなりません。
日本の小児医療は、どうでしょうか。
日本には、子ども医療費助成制度という制度があります。
児童福祉の向上のため、対象となる子どもの医療費(通院、入院費)を助成する制度です。
各市によって、対象年齢が変わるなどの違いはありますが、助成対象を拡充する市も増えています。
子育て世代には、頼りになる制度といえるでしょう。
日本の小児医療は、制度面、技術面いずれも世界的に見て進んでいます。
けれど反面、小児科の不採算や、小児科医の不足なども問題になっており、これからの課題と言えます。
夜中に救急病院へ行っても、小児科医がいなかった、という経験は少なからずあります。
小児医療の問題は、日本が抱える他のいろいろな問題とも繋がる部分が多くあります。
まずは、しっかりした医療制度を整え、安心して子育て出来る環境を作らなければいけません。

Page Top