前へ
次へ

小児医療で発熱時に冷却シートを使うべきか

風邪などで熱があるとき、おでこを冷やすために濡れたおしぼりなどを置くことがあります。
その他氷を額に当てたり氷枕を使うこともあるでしょう。
熱が出るときは顔がほてってくるので辛さがありますが、これらによって顔や頭がヒンヤリすると多少辛さを抑えることができます。
最近はドラッグストアで冷却シートなるものが売られていて、おでこにシールで貼って使うようです。
水分を含んだジェルによって体温を吸収し暑さを和らげてくれます。
子供が発熱した時にも小児医療として冷却シートを使っても良いかです。
ドラッグストアを見ると子供用も売られていて、大人用に比べるとサイズが小さめになっています。
まずは冷却シート自体は体を冷やす効果はないことを知っておきましょう。
またこれまでの問題として冷却シートが外れて子供の口を塞いだ例があるようで、小児医療の面では寝ている間に使うのはあまりよくないとしています。
親などが看病できる間であれば使っても良いでしょう。

Page Top