前へ
次へ

小児医療と一般の医療との違いを知る

子供が発熱をしたときにどの医療機関に連れて行くことが多いかですが、まずは小児医療が受けられる小児科に連れて行くとする人が多くなっています。
それ以外には親が良く医療機関と同じ内科や外科に連れて行く人もそれなりにいます。
近くに小児医療を行ってくれるところが無ければ仕方ない気もしますが、あるのであればそちらに連れて行った方が良いようにも感じます。
ただ風邪ぐらいであれば小児科でも内科でも同じように診てもらえそうです。
小児科に関しては多くは小児科の専門医資格を持った医師が診察を行っています。
資格を得るには一定期間病院などの小児科で診察などを行い、所定の試験を受けて合格する必要があります。
つまりは子供の診察や治療に長けている人が小児科専門医になります。
一方一般的な内科の医師は内科の専門医の資格はあるものの必ずしも小児科の専門医の資格を持っているとは限りません。
小児科の専門医の方が子供独特の症状などの診断に強いので、小児科に連れて行った方が良いでしょう。

Page Top