前へ
次へ

小児医療で解熱剤はどんな時に使うか

風邪などで病院に行くと処方される薬として解熱剤があります。
他の薬は毎食後などに飲むように言われますが、解熱剤に関しては熱が高くなったときなどに使うよう言われます。
風邪がひどくなるとどんどん体温が高くなって心配になり解熱剤を使って体温を下げようとするときがありますが、解熱剤はあまり使わない方が良いとされます。
体温が上がるのはウイルスを死滅させるためなので、解熱剤で体温が下がるとウイルスへの攻撃力が弱まるからです。
小児医療においても子供が風邪を引いたときには解熱剤を処方してくれ、大人と同様に必要に応じて飲ませるよう伝えられます。
小児医療においてどんな時に解熱剤を使うべきかですが、高熱が続いて眠れないときや辛そうにしているときになるでしょう。
大人であればしんどさがあっても我慢しようとしますが、子供の中には我慢ができない子がいて声を出してしまうときもあるようです。
一時的にでも熱を下げるために使うと良いでしょう。

Page Top